「Peppermint」のあらすじと感想は?J.ガーナ―主演のバイオレンス・アクション。

この記事は1分で読めます

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

 

「Peppermint」
  (未公開)
2018年米公開(102分)

J.ガーナ―主演の
バイオレンス・アクション。

LA。
ライリー・ノース
ジェニファー・ガーナ―)
ごく普通の主婦。

娘の誕生会を開くが、
他の親のいやがらせで、
誰も来ない。

仕方ないので、
家族3人で遊園地に
出かけるが、

そこで麻薬組織から
夫と娘を殺され、
自身もケガを負う。

裁判では、
組織に雇われた弁護士や
裁判官のせいで犯人らは
無罪となる。

そして、5年後、

すべてを失った
彼女は街に戻り、

弁護士や裁判官をはじめ
組織の連中を
ひとりづつ仕留めていく。。。。。

 

タイトルの
ペパーミントは、

最後に娘が食べた
遊園地のアイスの味。

体を鍛え、
とんでもない方法で、

組織のメンバーや汚職警官、
裁判官らを次々と処刑していく。

「デアデビル」でも
見せたアクションで、

敵を次々と
やっつけるシーンは、

悲しみを背負っているだけに、
不謹慎ながら
スカッとしてしまった。

監督は「96時間」などの
フランス人ピエール・モレル。

ひどい話ではあるが、
映画的なスカッとさを
求めたい方は、
ご覧ください。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2
  2. 1
  3. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。