「アマンダと僕」のあらすじと感想?!東京国際映画祭グランプリ・女の子とその若い叔父の葛藤の人間ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「アマンダと僕」
(フランス)PG-12
2019年6月22日公開(107分)

東京国際映画祭
グランプリに輝く、

女の子とその若い叔父の
葛藤の人間ドラマ。

ダヴィッド
(ヴァンサン・ラコスト)は、

シングル・マザーの姉と
その7歳の娘アマンダ
(イゾール・ミュルトリエ)と
大の仲良し。

そんな彼にレナという
恋人ができ、

穏やかな毎日を
過ごしていた。

しかし、ある日、
姉が事件に巻き込まれ、
突然、亡くなってしまう。

ダヴィッドは残された姪、
アマンダの世話を
することになる。

悲しみの中、
困惑するダヴィッドと
母の死を受け入れられない
アマンダの共同生活が始まる。。。。。

2

テロ行為がどこでも
起こる現代だが、

事件については
何も追わない。

24歳の青年が
小さい子の世話を通して
父性に目覚めていくことに
焦点を当てた脚本は秀逸で、

死んだ姉が英語の
先生ということで、

エルヴィスの歌や、
簡単な英語のセリフも
アクセントになっている。

3

とにか初映画という
新人のイゾールの演技が
素晴らしく、

ラストシーンでも涙を誘う。

姉親子のダンスシーンも
印象的な映画は、

パリなのに、
パリらしい名所は使わず、

普通のパリの親子の生活を
描く作品。

しかし、
本当に力強い作品。

小さな希望の光が
見たいかたには
絶対お薦めします。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 2
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。