「ルパン3世The First」のあらすじと感想?!ルパン3世を初の3DフルCGアニメで描く痛快アクション。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ルパン3世The First」
2019年12月6日公開(93分)

ルパン3世を初の
3DフルCGアニメで描く
痛快アクション。

第2次世界大戦中、

考古学者のブレッソンは、
“ブレッソンダイアリー”と
名付けられた謎を
遺(のこ)してこの世を去る。

その謎を解き明かした者は
巨万の富を得られると
言われていて、

ナチスがその行方を
血まなこになって
追っていたとか。

そして、
ルパンの爺様である
怪盗ルパン一世でさえ
盗めなかったなどとも
伝わる秘宝を、

ルパン三世が狙う。。。。。。

3

ルパンの仲間たちが、
そのキャラを生かして、

難所を切り抜けていく
展開は変わりないが、

今回は3DフルCGで、
ルパンのアクションとの
相性は抜群。

漫画らしいアイデアも
ふんだんに
取り入れているので、

ルパンファンには
楽しめる作品。

2

ただ、
ブレッソンの孫娘の声の
広瀬すずは、

他の声優たちに比べて、
良いとは言えなかった。

1970年代に作られた
ルパンの音楽は、

今聞いてもいずれも
素晴らしく、

4

音楽だけでルパンの
出てくる感が十分に
味わえる。

サプライズはないが、
王道のルパンを
見たい方は、

是非、ご覧ください。

5

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。