「東京オリンピック」のあらすじと感想?!1964年の東京オリンピックの公式記録映画。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

3

「東京オリンピック」
1966年5月15日公開(154分)

1964年の東京オリンピックの
公式記録映画。

当初、黒澤明が
監督する予定だったが、
降板。

市川崑が監督したが、
ドキュメンタリーという
枠を超えた芸術性が当時、
議論を起こしたらしい。

1

色々な競技を
淡々と撮るだけでなく、

スローモーションを使って、
筋肉の動きを撮影したり、

敗者に焦点を当てたり、
物語はない中で、

物語性を持たせる
展開となっている。

筆者は本五輪を実際に
見た世代ではないが、

いろんな発見や
驚きがあった。

1万m走にマラソンの
円谷が出てたり、

陸上に王と長嶋が観客として
見に来ていたりしてた。

競技に入る前の選手の
ルーチンばかり撮影したり、
足やあごだけの映像もあった。

当時の日本のユニフォームは
Japanでなく、Nippon。

西ドイツの国家は喜びの歌。

体操や鉄棒では、
その音に注目し、

着地の際の凄い音には、
驚かされる。

雨の日の傘や、
夕食会場にスポット当てた
シーンありと約3時間の大作だが、
今見ても新鮮。

2

本作を見て思い出したのは、
1973年の映画
「時よ止まれ君は美しい」。

こちらは世界の8大監督が
作ったオムニバス形式の
ミュンヘン五輪公式映画だが、
やはり市川崑が日本から参加。

さて、
今回の東京オリンピックは、
女性監督・河瀨直美だが、

新たな視点の映画
となるのか期待したい。

かつての五輪の感動を
体験したい方には
お薦めする。

なんと当時の
100mのタイムは
10秒フラットで世界新でした。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 4
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。