「名もなき生涯」のあらすじと感想?!ナチス政権下で自身を貫いた名もなき農民の半生の実話。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「名もなき生涯」
2020年2月21日公開(175分)

ナチス政権下で自身を
貫いた名もなき農民の
半生の実話。

ナチス・ドイツに
支配されたオーストリアの
山あいの村で、

農民のフランツ
(アウグスト・ディール)は、

妻のファニ(ヴァレリー
・パフナー)と娘たちと
一緒に暮らしていた。

あるとき召集された
フランツは、

ヒトラーへの服従を
拒絶し収監されてしまう。

ファニはフランツを
手紙で励ますが、

彼女に対する風当たりも
強くなる。
数年の収監後、
裁判で死刑の判決が出る。。。。。

2

ヒーローでも何でもない、
普通の人の生涯を
「シンレッドライン」
「ツリーオブライフ」の
鬼才テレンス・マリックが
映像化した。

美しいチロルと
思われる風景、

3人の娘との楽しい生活、
そこに戦争の影が。

今の平和な社会からは
想像できないような選択をし、
家族よりも自分の信念を貫く。

若い人は
共感できないと思うが、

本来取るべき姿勢こそ、
これだ。

今から戦争が起これば、
体制に従うのではなく、

全員がこの姿勢を
貫くべきだろう。

4

敵が攻めてくれば、
今までは武器で攻撃するが、

今後は反戦こそが、
取るべき形だと筆者は
強く感じている。

戦争からは
何も生まれないが、

パリがナチに
占領された時も、

無条件降伏をしたので、
パリの街は守られた。

とても悲しく、
地味な映画であるが、

マリック監督は、
この勇気を世界の人に今、

伝えたったのだと
強く感じる。

すぐ回りに迎合する
日本人こそ、
本作を見て欲しい
素晴らしい作品。

3時間の長尺だが、
一寸も不要な箇所はなく、

80歳に近い監督の魂を
感じる作品は、
超お薦めします。

3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 4
  5. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。