「スワロウ」のあらすじとネタバレ?!異物を飲み込む「異食症」を描く、中身の深いスリラー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

Swallow スワロウ
   (R-15)
2021年1月1日公開(95分)

異物を飲み込む
「異食症」を描く、
中身の深いスリラー。

結婚して
ニューヨーク郊外の
屋敷で暮らすハンター
(ヘイリー・ベネット)は、

会社社長と結婚し、
誰もがうらやむ生活を
送っているように見えるが、

夫には話を真面目に
聞いてもらえず、

義父母には
ないがしろにされて
孤独な日々を送っていた。

そんな時、
ハンターは子供を授かる。

喜ぶ夫と義父母とは
対照的に孤独を
深めていく彼女は、

ある日、
ふとしたことから

ガラス玉を飲み込みたい
という衝動を感じる。

その衝動はやがて
エスカレートし、
次は画鋲を。

そして、
その次は。。。。。。

 

画像2

 

物語だけを聞くと、
単なるゲテモノ変態映画に
取られがちだが、

その後のもうひとつの
大きなエピソードを通して、

彼女が再生していく
中身の深い映画と
なっている。

また、
飲み込むだけでなく、
もちろん排泄するわけで、
そちらもかなり痛そう。

しかし、
吐き出すことで、

彼女は、
金持ち一家との結婚で
満たされないものを超越し、
自立していく。

ハンターの驚くような
色白と美しい顔立ちからは
想像できないような
シーンの連続に見る人は
目を疑うだろう。

この病気は、
妊婦に本当に
起こるらしいが、

ラストで彼女が
吐き出すものは、
衝撃的すぎる。

各国の映画祭で
受賞の作品は
B級サイコ・ホラーではなく、

女性の自立を描いた
新しいタイプの映画
として見て欲しい。

ちょっとグロイけど、
やはりお薦めしたい
面白い作品。

ちなみにタイトルの
「Swallow」は、
「飲み込む」の意味。

3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。