「ハチとパルマの物語」のあらすじとネタバレ?!ロシア版「忠犬ハチ公」の実話を描く感動の動物ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

画像1

 

「ハチとパルマの物語」
(日ソ合作)
2021年5月28日公開(120分)

ロシア版「忠犬ハチ公」の
実話を描く感動の
動物ドラマ。

1970年代の
モスクワの国際空港。

飼い主と一緒に
プラハに行くはずだった
犬のパルマは、

書類不備のため
飛行機に乗れなかった。

飼い主によって
やむを得ず
滑走路に放たれ、

やがて空港に
住み着くようになった
パルマは、

ある日、
母親を亡くして
パイロットの父親に
預けられた9歳の少年
コーリャ(レオニド
・バーソフ)と出会う。

コーリャと
仲良くなったパルマは、

以来2年間ずっと
飼い主の帰りを
空港で待ち続ける。

そして、ついに、
元の飼い主が
プラハから帰国する。。。。。

画像10

日本人にも興味を
持ってもらえるように、

秋田犬との繋がりや、
フィギュアスケートの
ザギトワ選手も
特別出演するが、

基本的にロシアの
忠犬物語。

シェパードのパルマの、
あの目の演技が凄く、
犬好きにはたまらない。

また、
子役も素晴らしく、

動物と子供には、

いかなる名演も
かなわない作品に
仕上がっている。

注目したのは、
70年代の空港の再現度。

プロペラ機が並ぶ姿は
CGだろうが、
全く違和感なく、
その撮影技術に驚いた。

画像4

ラストに、この美談を
政治利用しようとする
役人が出てくるが、

面目丸つぶれになるので、
皆さんのその後が紹介されず、
ちょっと気になった。

観客は少なかったが、
お父さんが小学生の
女の子を連れてきており、

お子さんを連れて行く
作品として大変適した
感動実話なので、

お父さんは自分の株を
上げたいなら、劇場へ。

日本側は
ちょっとしか出ませんが、

「ソローキンの見た桜」などの
阿部純子らが日ソ合作に
華を添える。

家族向けに
お薦めしたい良作。

画像2

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. キャプチャ
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。