「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のあらすじとネタバレ?!マーベルコミックのカンフーアクション超大作。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

画像2

「シャン・チー/テン
・リングスの伝説」

2021年9月3日公開(132分)

マーベルコミックの
カンフーアクション超大作。

「エンドゲーム」後の世界。

犯罪組織を率いる父親
(トニー・レオン)に
幼いころから鍛え上げられ、

最強の力を持った
シャン・チー
(シム・リウ)は、

組織の後継者と
みなされていた。

だが、
彼は自らの力を封印し、

過去の自分と決別して
サンフランシスコで
ホテルマンとして
平凡に暮らそうとする。

だが、
伝説の腕輪
“テン・リングス”を操る
父親が世界を恐怖に
陥れようとしたため、

シャン・チーはついに
封印していた力を
解き放つ。。。。。

画像7

マーベル・コミックの
主人公の一人で、

アジア系の新たな
「アベンジャー」
誕生を描く新章。

冒頭のサンフランでの
バスの暴走シーン、

中国らしい風景や武術に、
麒麟、鳳凰、九尾の狐、

獅子など欧米人は
見たことないような
伝説上の動物たちも登場して、

これまでの
シリーズとは異なる
テーストのアクション
超大作に仕上がっている。

脇役として、
ミッシェル・ヨーや、

ベン・キングスレーらも
出ているが、

「ハルク」のブルース博士、
「キャプテン・マーベル」
「ドクター・ストレンジ」も、

ちらっと出てくるので、
何かを予感させる。

コメディ部分は、
今や、ハリウッド映画に
欠かせない女優
オークワフィナが担当。

画像12

コミカルな演技で
笑わせてくれる。

ただ、
クライマックスの戦いは、

激しすぎて、
何が何やら
わからないので、

もっとスローモーションや、
カメラを引くようなシーンも
見せて欲しかった。

また、
子供向けキャラとして
登場する顔のない
空飛ぶ豚(モーリス)
みたいな生物は、

もう少しかわいらしく
ならんのかな。

テン・リングスの
凄まじい力を
見せてくれる
新シリーズは、

「アイアンマン」
「キャプテン・アメリカ」
亡き後を継ぐ壮大な
ヒーロー映画として
お薦めしたい。

画像14

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。