「マークスマン」のあらすじとネタバレ?!元海兵隊の男が、メキシコの少年を助けるロードムービー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「マークスマン」
2022年1月7日公開(108分)

元海兵隊の男が、
メキシコの少年を助ける
ロードムービー。

アリゾナ州。

海兵隊の
腕利き狙撃兵だった
ジム・ハンソン
(リーアム・ニーソン)。

妻に先立たれた彼は、
メキシコ国境付近の
町で牧場を営みながら
愛犬と暮らしていた。

ある日、
ジムはメキシコの
麻薬カルテルから
追われて越境してきた
母子と遭遇。

組織に
銃撃された母は、

11歳の息子ミゲルを
シカゴに住む
親類のもとへ
連れて行って
ほしいとジムに頼み、
息を引き取る。

ミゲルを
放っておくことも
できず、

彼とシカゴに
向かうことにするジム。

だが、
アメリカに侵入した
麻薬カルテルからの
追撃を受ける。。。。。

4

L. ニーソン
「96時間」以来、

得意とする孤高の
ヒーローアクション。

物語も単純で
エンタメ性も
高いので、
誰でも楽しめる作品。

「マークスマン」とは、
射撃の名手
という意味だが、

「アメリカン
・スナイパー」
のような深みはない。

出てくる
警官たちは悪が多く、

メキシコ人も
ステレオタイプに
描かれているし、

銃を売る人も
いい加減だから、

共和党支持者向け
のような作品かな。

5

かといって、
アメリカの抱える
問題を掘り下げる
でもないので、

お気楽に
ポップコーン食べながら、
ハラハラドキドキを
楽しむ作品。

「フライト・ゲーム」
「ファイナル・プラン」
「アイスロード」など、

最近のリーアム作品を
好きな方には
外すことができない
アクション佳作。

「クライ・マッチョ」
同様にメキシコ系の
子役がうまかった。

期待以上ではないが、
普通にお薦めできます。

3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 2
  4. 5
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。