「流浪の月」のあらすじとネタバレ?!2020年本屋大賞の小説を映画化したヒューマンドラマ。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「流浪の月」
2022年5月13日公開(150分)

2020年本屋大賞の
小説を映画化した
ヒューマンドラマ。

雨の公園で、
10歳の少女・家内更紗
白鳥玉季)が

びしょ濡れに
なっているのを
目にした19歳の
大学生・佐伯文(松坂桃李)。

更紗に傘を
差し出した文は、

引き取られている
伯母の家に
帰りたくないという
彼女の気持ちを知り、
自分の部屋に入れる。

そのまま更紗は
文のもとで
2か月を過ごし、

そのことで文は
誘拐犯として
逮捕されてしまう。

被害女児、加害者という
らく印を押された
更紗(広瀬すず)と文は、

15年後に思わぬ
再会を果たす。。。。。

5

横浜流星との
結婚が決まっていた更紗は、

文と出会ったことで、
また、
彼に近づいてしまう。

15年前のあこがれや
救いがここまで残るのは、

彼をロリコン男の
犯人に仕立ててしまった
後悔からなのか?

それだけでは
説明がつかないような
特殊な恋愛の
パターンだけに

主人公の二人に
肩入れするのは
ちょっと難しかった作品。

ただ、
主演の二人は勿論、

子役の白鳥
抜群の演技を見せる。

また、
横浜流星多部未華子
迫真の演技で、

普通ならこの二人に
同情してしまいそうだが、

そうはさせない
説得力がある。

2時間半と
長尺ながら、

2人の生活を
15年前と今と交互に、

しかも丁寧に
描かれており、
長さは感じない。

3

「悪人」「怒り」
から続く
李相日監督の
極限状態の愛を是非、
感じ取って頂きたい。

広瀬すずは、
「怒り」でも見せたが、

今回もかなり
ストイックな演技で、

本当に幅広い演技を
見せてくれる。

全体のトーンは暗いが、
普通では受け入れられない
禁断の愛が見たい方、

原作ファンの方、
是非ご覧ください。

タイトルの
「流浪の月」は、

ポイントポイントで
いろんな形の月が出てくる。

「流浪」は、
二人が生きていくために、

また誰も
知らない地へ
放浪することを
意味しているのか?

今年の賞レースに
絡んでくる
素晴らしい作品なので、

超お薦めしたい。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。