「飢餓海峡(65’)」のあらすじとネタバレ?!内田吐夢監督による日本映画の最高傑作のひとつ。

この記事は1分で読めます

2

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*) 
1

飢餓海峡
1964年12月27日公開(182分)
「砂の器」と並び、
日本映画の
最高傑作のひとつが、
デジタル・リマスター版で
復活。
3時間の
超大作ながら、
あっという間でした。
原作はご存じ、
水上勉の同名小説。
4
昭和22年の
青函連絡船沈没事故と
それにからむ
殺人事件。
フェリーに
乗っていた
人数より2人多い
死体から、
一時は
御蔵入りした
事件が約10年後に
意外なことから
発覚していく。
3
北海道から東京、
北陸と逃げる犯人に
三國連太郎
彼に絡む娼婦に
左幸子
追いつめる刑事に
伴淳三郎三船敏郎
ミステリーとしても
超一流で、
 50年前の作品とは
とても思えない。
ひげだらけの
若い三國は、
 今の佐藤浩市
そのもの
(親子だから
当たりまえ?!)
もし
リメークするなら、
佐藤浩市
大竹しのぶかな。
日本映画の傑作中の
傑作、是非、

機会あれば
見てください。
超お薦めです。
2

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。