ヘイル・シーザーのあらすじと感想は?コーエン兄弟がハリウッド全盛期の映画会社を舞台にしたコメディ?!

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*) 

2
「ヘイル・シーザー」
2016年5月13日公開(106分)

コーエン兄弟が
ハリウッド全盛期の
映画会社を舞台にした
オールスター出演の
笑えないコメディ。

1950年代、
有名俳優ウイットロック
ジョージ・クルーニー)は、
歴史大作「ヘイル・シーザー」
の撮影中。

しかし、休憩中に
何者かによって
連れ去られてしまう。

同会社のプロデューサー
ジョシュ・ブローリン)は、
いくつもの製作中の
映画を抱えて、

てんてこ舞いの中、
彼を必死に探そうとする。

一方で飛行機製造の
ロッキード社は、
彼の辣腕ぶりに魅かれ、
ヘッドハンティングしようと
していた。。。。。

水中ミュージカルには
スカーレット・ヨハンセン

舞台ミュージカルには
チャニング・テイタム

双子の記者には
ティルダ・スイントン

大スターを
多数起用しているが、

キャストだけで客を
呼ぼうとしており、

コーエン兄弟まで
(最近の)三谷幸喜に
なってしまったのか?

そもそも、当時の映画界を
襲った赤狩りや、共産主義、
神の存在などの背景が
分からない多くの日本人には、
理解しがたい内容。

各シーンは映画愛に
あふれており、

期待度も高かっただけに、
あえてダメ映画としたい。

映画黄金期の撮影シーンと
シニカルな笑いに
ついていける方のみ、
観に行ってください。

3 4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IMG_20160414_013801
  2. IMG_20160323_101238
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. IMG_20160320_220924
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。