「不能犯」のあらすじと感想は?コミック原作のサスペンスを松坂桃李で映画化。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1 2

 

「不能犯」
  (PG-12)
2018年2月1日公開(106分)

コミック原作のサスペンスを
松坂桃李で映画化。

殺したい人がいる時、
とある電話ボックスに
殺人の依頼を貼るだけで
必ず遂行されるという都市伝説が
ネットで話題になっていた。

3 4

事実、
立て続けに変死事件が起こり、
その現場には決まって
いつも黒のスーツを着た男
松阪桃李)の姿があった。

彼に睨まれた人は、
実際には見えないものが見え、
事故や自殺によって変死していた。

証拠がなく、
原因不明の事故の犯人(不能犯)
を追う刑事(沢尻エリカ)は、
新人を連れて現場に行くが……。

5 6

物語的には
「デス・ノート」系であり、
エピソードも悪くないが、

刑事役の沢尻の
インパクトが弱すぎる。

松坂は「愚かだね、人間は」の
決め台詞とニヤッと不気味に笑う顔が
なかなか漫画的ではまっていただけに、
やや残念。

映画には関係ないが、
ひとつ離れた席のおばさんが、
スマホばかり見て、
明るいライトが目につき、
映画に集中できなかったので、
正確な評価ができなかったのも事実。

マナーを守らない人のおかげで、
散々な映画鑑賞であった。

7 8

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 4
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。