「バハールの涙」のあらすじと感想は?ISと戦うことになったバハールの衝撃的ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「バハールの涙」
(仏、ベルギー、
スイス、ジョージア合作)

2019年1月19日公開(111分)

息子をISにさらわれ、
女性戦闘員となった
女性のヒューマン・ドラマ。

弁護士のバハール
(ゴルシフテ・ファラハニ)は、

クルド人自治区の町で
息子と夫と共に
平穏に暮らしていた。

2

だがある日突然、
過激派組織ISが
彼女たちの故郷を襲い、

男性は皆殺しにされ、
女性たちは
性的奴隷として売られ、

少年たちは無理やり
ISの戦闘員養成校に
入れられる。

その数か月後、
バハールは
女性武装部隊を結成し、

さらわれた息子を
助け出そうとする。。。。

3

本作は2014年頃に
実際に起きた事実に
基づいて作られた物語。

「女性に殺されたら
天国へ行けない」
とされるイスラムの
教義を逆手に取って、

攻め込むバハールら
女性戦闘員の母としての
強烈な愛が胸を締め付ける。

4

また、
もうひとりの主人公である
フランス人・ジャーナリストは、

片目を失いながらも、
これらの事実を
報道するために、

バハールに同行し、
写真を撮る。

5

極限状態の中での
ひりひりした緊張感が続くが、

今年のノーベル平和賞に
性的奴隷だった女性が
受賞したように、

まさに今見るべき作品。

6

主演は「パターソン」の
G.ファラハニが、
笑顔を封印して魂の熱演。

戦争というのは、
ここまで醜く、

ひどいものであることを
平和ボケした人々が
改めて知ることができる
価値のある作品。

本当に辛い
シーンの連続だが、

超お薦めいたしたい。

原題は「Girls of the Sun」。
太陽の仲間たち
というのが、
女性部隊の名前。

7

8

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。