「まく子」のあらすじと感想は?幸せを撒く不思議な美少女の奇跡の物語。

この記事は1分で読めます

2

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「まく子」
2019年3月15日公開(108分)

幸せを撒く不思議な
美少女の奇跡の物語。

群馬のひなびた
温泉街に暮らす
小学5年生のサトシ
(山崎光)は、

成長に伴う体の変化に戸惑い、
遊び人の父親光一
(草なぎ剛)のことを
不快に思っていた。

2

そんな折、
コズエ(新音)という
少女が転入してくる。

サトシは、
奇妙な言動の彼女に驚くが、
次第に心惹(ひ)かれていく。

ある日コズエは、
自分がほかの星から
やってきたという
秘密をサトシに打ち明ける。。。。。

5

西加奈子の小説を
女性監督で映画化。

SFなのか、
ファンタジーなのか
説明がつかないのは、

あの美少女の
存在のためだろう。

撒くという行為
(枯葉を空に撒いている
シーンが多い)が、

街の人々に
奇跡を起こす。

大人になりたくない
サトシと、

少し大人になり始めた
コズエの関係、
そして父との関係。

微妙な関係を
女性らしい繊細さで
描いた本作は、

見終わった後に
不思議な余韻を
残してくれる。

3

小学校5-6年というのは、
本当に肉体的に精神的に、
変わり始める時期で、

原作の面白さが
きちんと表現された
作品だと思う。

フレッシュな新音
にのん)の出現は、

映画界にまた新しい光を
与えてくれそう。

想像している映画と
全く違う映画を見たい方、

これは適作です。
お薦めです。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。