「マイ・ブック・ショップ」のあらすじと感想は?本屋を開業したいヒロインの奮闘を描く文芸作品。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「マイ・ブック・ショップ」
(英国)
2019年3月9日(112分)

本屋を開業したい
ヒロインの奮闘を描く
文芸作品。

1959年、
戦争で夫を亡くしたフローレンス
(エミリー・モーティマー)は、

書店が1軒もない
イギリスの田舎町で、

夫との夢だった書店を
開こうとする。

2

しかし、
保守的な町では
女性の開業は珍しく、

彼女の行動は
住民たちから不評を買う。

ある日、
40年以上も自宅に
引きこもりひたすら
読書していた老紳士
(ビル・ナイ)と出会い、

彼はフローレンスの
書店を支持してくれるが。。。。。

5

英国の有名な
小説らしいが、
このラストには驚いた。

ハリウッド的な
ラストを想像していると
えらい目に合う作品。

数少ないサポーター以外は、
皆、悪人で、

彼女をいじめる理由が
よくわからない。

本を読んでない人に
とっては、

本は悪魔の物なのか?
本や書店を愛する方には、

こんな時代があったのか
とも思いながら見て欲しい。

本屋に並ぶ本も
「ロリータ」や「華氏451」など、

当時のベストセラーなのか、
興味深い。

4

そして、
ナレーションも
「華氏451」の
ジュリー・クリスティと、

本を読めなくなる
近未来SFの本が
売れており、
このアイロニーが凄い。

主演のモーティマーは
「メリー・ポピンズ・リターンズ」で、

明るい姉を演じたばかりだが、
本作では、
そのイメージは全くない。

本を愛する方、
ちょっとダークな
英国文芸作に触れたい方、

「華氏451」を読んだ方、
映画で見た方には薦めします。

 

3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。