「フリーソロ」のあらすじと感想?!素手だけで断崖絶壁を登る若者のドキュメンタリー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「フリーソロ」
2019年9月6日 公開(100分)

素手だけで断崖絶壁を登る
若者のドキュメンタリー。

10歳でクライミングを
始めたクライマーの
アレックス・オノルドは、

高いがけをロープなどを
使わずに登る
“フリーソロ”の第一人者だ。

彼はカリフォルニア州の
ヨセミテ国立公園内にある、

高さ900メートル超の
“エル・キャピタン”の
岩肌を登ることを決意し、

“フリーソロ”で
挑むために数年をかけ
準備を進めていく。

そして、
登頂を決めた当日、
彼はやめてしまうが。。。。。

2

反り立つ絶壁を、
命綱なしで登る
スポーツがあるとは
知らないし、

画面から得られる
緊張感と迫力の映像は、
半端ない。

数年の準備を重ねて、
登る割れ目を探し、

カメラ部隊が見守る中、
3時間余で約1㎞を
登ってしまうラストは圧巻。

3

常人には理解できないが、
多くのフリーソロ
・クライマーが

カメラの前で
落ちて亡くなる中、

恐怖と戦いながら、
彼は成功させてしまう。

今年のアカデミー賞
ドキュメンタリー賞受賞の
文句なしの映画は、

高所恐怖症でなければ、
超お薦めします。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 4
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。