「ブルーダイヤモンド」のあらすじと感想?!キアヌ・リーブス主演のB級クライム・サスペンス。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ブルーダイヤモンド」
(R-15)米加合作
2019年8月30日 公開(105分)

キアヌ・リーブス主演の
B級クライム・サスペンス。

アメリカ人宝石ディーラーの
ルーカス・ヒル(キアヌ・リーヴス)は

最高純度の
ブルー・ダイヤモンドの
取引のために

ロシア・サンクトぺテルスブルグに
やって来るが、

ダイヤを持つ
ビジネスパートナーと
連絡がつかなくなる。

ルーカスは残された
伝言に従って
シベリアへ行き、

巧妙に作られた偽物を
つかませられてしまう。

ロシアンマフィアとの
取引の期日が迫り、

彼はダイヤを
求めて奔走する。。。。。

2

「ジョン・ウイック」の
イメージが強いため、

どこかアクション的
映画だと勝手に思い込むと
裏切られます。

むしろ、
キアヌを色恋に使って
R-15にした異色作。

彼のゲイ説を否定するため、
インディ系で作られたのでは
と推測してしまう。

3

サスペンスとしては、
いまいちだが、
本題とはあまり関係ない、

彼の行為を見たい方にのみ
お薦めする。

原題は「シベリア」。

暑い時期には、
冷え冷えした景色を
見れますよ。

特殊能力も何もない
普通の宝石商のお話し。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 3
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。