「ホテル・ムンバイ」のあらすじと感想?!2008年にムンバイ同時多発テロを描いた人間ドラマの秀作。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ホテル・ムンバイ」
R-15(米印豪合作)
2019年9月27日 公開(123分)

2008年にムンバイで起こった
同時多発テロを描いた
人間ドラマの秀作。

身重の妻と小さい娘がいる
アルジュン(デヴ・パテル)は、

インド・ムンバイの
五つ星ホテル、

タージマハルで、
厳しいオベロイ料理長のもと
給仕として働いていた。

2008年11月26日、

ホテルには生後間もない娘と
シッターを同伴した
アメリカ人建築家デヴィッド
(アーミー・ハマー)や、

ロシア人実業家の
ワシリーらが宿泊していた。

ムンバイ中央駅から
始まったテロは拡大し、

タージマハルにも
数名のテロリストが侵入し、
銃を乱射し始める。。。。。。

2

これがテロの実態か
という衝撃の事実を
次々と見せつけられ、

我々もホテルの中に
置き去りにされたような
絶望感を味わう。

その中で、
ホテルマンらが、

何とかして宿泊客を
助けようと試みるのが
唯一の救い。

しかし、
彼らにはスーパーパワーもなく、
銃すらもっていない。

特に、
部屋に隠れた客に、
テロリストが
オペレーターから電話させ

「救助隊が来たので、
部屋から出てください」と言って、
惨殺するシーンには絶句。

3

この映画は面白いから見て
とは絶対言えないが、

今年のベスト10に
間違いなく入る、
衝撃の作品。

生き残る人と
そうでない人の境目を、

強烈な緊張感の中で
確かめて欲しい。

それにしても、
特殊部隊がデリーにしかいない
インドのお粗末さには
腹が立った。

(そもそも、特殊部隊が
いないのをテロリストは
知っていたのか?)

超リアルな
R-15作品ですが、

必見の作品ですので、
超お薦めします。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。