「エンジェル・サイン」のあらすじと感想?!6つの短編からなるオムニバス・ヒューマンドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「エンジェル・サイン」
2019年11月15日公開(105分)

6つの短編からなる
オムニバス・ヒューマンドラマ。

妻(菊池桃子)を失い
悲しみに沈む男(緒形直人)を、

飼い犬が励まそうとする
(『別れと始まり』)。

飼い犬の死を
理解できない幼い娘に、

父は犬は雲の上に
いると話す(『空へ』)。

出産目前に死神が現れて
余命わずかだと知った女性は、

命が尽きる前に
子供を産もうと奮闘する
(『30分30秒』)。

ロボットは、
両親を亡くした少女の笑顔を
取り戻そうと行動を起こす
(『父の贈り物』)。

戦地から娘のもとに
帰った男は、

戻れたのは魂だけだと
気づいてがく然とする
(『故郷へ』)。。。。。。

2

なんと総監督は
「シティハンター」の
漫画家の北条司。

6つの短編作品は、
日本だけでなく、

アジアの国々の
才能ある監督を起用して、
まさか最後にうまくまとまる。

「エンジェルサイン」とは
6つの短編をつなぐ楽曲で、
それを蝶々で表している。

3

ただ、
音楽や効果音以外の
セリフは一切ない。

俳優は口パクであるが、
起こっていることは
十分伝わるので、

特に悲しみのシーンは、
セリフがないだけに、
より気持ちが伝わってくる。

タイ、ベトナム、
インドネシアなどの
俳優も出ているが、

これこそ言語の
壁を乗り越えて、

世界中の人が
見ることができる映画である。

実験的だが、
とても感動できる秀逸な
オムニバスは、

超お薦めいたします。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 2
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。