「奥様は、取り扱い注意」のあらすじとネタバレ?!同名のTVドラマを映画化したアクション・コメデイ。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

画像2

「奥様は、取り扱い注意」
2021年3月19日公開(119分)

同名のTVドラマの
その後を映画化した
アクション・コメデイ。

1年半前の
ある出来事で
記憶喪失になった

伊佐山菜美
(綾瀬はるか)は、

夫の勇輝
(西島秀俊)と共に
桜井久実と
裕司に名を変え、

地方都市の
珠海市で
新しい生活を
送っていた。

ここは
新エネルギー源
「メタンハイドレード」
の発掘で
にぎわう一方、

海を守ろうとする
開発反対派と
市長ら推進派の
争いが激しさを
増していた。

さらに開発の裏で、
国家レベルの
陰謀がうごめいていた。

勇輝は、
学校の先生を
隠れ蓑に、

ロシアの陰謀を
探ろうとする。

一方、菜美は、
だんだんと
自分の過去を
思い出していく。。。。

画像8

ドラマ版は
見ていないが、

出演者も主役の
2人以外は
ほぼ総入れ替えで、

別物語に
なっていると
理解した。

元々がブラピと
アンジーの
「Mr. & Mrsスミス」を

ベースにした
史上最強の
夫婦喧嘩が
テーマだが、

残念ながら、
全く及ばない。

そらならと
中盤は夫婦愛に
話を持って
行ったが、

ただただ、
冗長になっただけで、

アクション大作だと
期待していた人も
裏切る結果に。

綾瀬らのアクションは
悪くはないが、

やはり
ハリウッド大作を
見慣れた方々には、
全く通じないレベル。

画像14

かと言って、
コメデイ要素も薄く、

TV版を見てた
人にしか
楽しめない作品。

監督は、
「新幹線大爆破」
「君よ憤怒の河を渡れ」
「人間の証明」など

エンタメ話題作を
作りまくった
佐藤純彌の息子の
佐藤東彌。

筆者が尊敬する
お父さんが
生きていたら、

この内容に
がっかりするだろうね。

見どころが綾瀬
チャーミングさと
西島君の
優しさくらいしかなく、

それで満足できる方は
見たらいいと思う。

期待せずに
ご覧ください。

最後の
ポルトガルのシーンは、

綾瀬への
ご褒美?2人が
夫婦に戻らない
設定なら、

途中の夫婦愛の
シーンも不要なので、

もっとアクションだけの
映画にすれば良かった。

画像7

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。