「種まく旅人:華蓮のかがやき」のあらすじとネタバレ?!「種まく旅人」第4弾の農業を考える作品。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

画像1

「種まく旅人:華蓮のかがやき」
2021年4月2日公開(108分)

「種まく旅人」シリーズ
第4弾の農業を考える作品。

山田良一(平岡祐太)は
大学卒業後、大阪・堺で
信用金庫に勤めていたが、

ある日母親から
父親の竹市(綿引勝彦)が
脳梗塞で倒れたと
連絡が入る。

彼の実家は
金沢でれんこん農家を
営んでいるが、

借金を抱えており、
良一は畑を引き継ぐか
売却かの選択を迫られる。

ただ、
恋人(大久保麻梨子)との
結婚も控えていることから
なかなか決断できずにいた。

一方、
農林水産省職員の
神野恵子(栗山千明)は、

れんこん農家の
視察のために
金沢を訪れる。。。。。

画像4

食料自給率の
極端に低い
日本の農業に
焦点をあて、

いろんな問題を
提起する映画。

今回も、
女性の就農や嫁問題が
テーマに取り上げた。

本作だけで語れる
問題ではないが、

物語はコンパクトに
まとまっている。

また、
広いレンコン畑を
ドローンで撮影した
シーンがいくつかあり、
映画らしいショット。

さらに、
本作が名脇役の
綿引勝彦の遺作
となったのは悲しい。

画像15

最近「ケアニン」
「シャボン玉」など、

地味な映画で
いい仕事をしていたので、
75歳の急逝は痛い。

そういえば、
2011年の第1作目
「種まく旅人
:みのりの茶」は、

青山の試写会場に
主演の田中麗奈
来てくれたことを
思い出した。

もう10年も
やってると
考えると感慨深い。

華蓮は「はす」と
読むようで、

レンコンの花が
美しく咲く
シーンも印象的。

日本の農業を
支える人の
悲喜こもごもを
見られる作品は、

佳作として
お薦めします。

優柔不断な平岡裕太
ずけずけ言う栗山千明

キム兄永島敏行などが
脇を固める。画像12

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 4
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。