「赤ひげ」のあらすじとネタバレ?!医師のあるべき姿を描いた傑作人間ドラマ。

この記事は2分で読めます

3

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「赤ひげ」
(午前10時の映画祭)
1965年4月3日公開(185分)

黒澤明の傑作中の傑作。

医師のあるべき姿を
描いた人間ドラマ。

江戸時代後期。

長崎で和蘭陀医学を
学んだ青年・保本登
加山雄三)は、

医師見習いとして
江戸の小石川養生所に
住み込むことになる。

養生所の
貧乏くささと
ひげを生やし
無骨な所長・赤ひげ
三船敏郎)に

好感を持てない保本は
養生所の禁を犯して
破門されることさえ
望んでいた。

しかし、
赤ひげの診断と
医療技術の
確かさを知り、

また彼を頼る
貧乏な人々の姿に
次第に心を
動かされていくのだった。。。。。

4

原作者の
山本周五郎をして、

原作より
映画の方が良いと、
言わせしめた作品。

3時間を超える長尺だが、
ヒューマニズムあふれる
エピソードは、

どれも今の
医療ドラマのベースに
なっていると想像がつく。

主人公は、
長崎で西洋医学を
学んで凱旋した、

プライドだけ
高い若造だが、

セリフも少ない
赤ひげ先生が、

抜群の存在感で、
彼を成長させていく物語。

黒澤監督ならではの
アングルや、

天気を待っただろうと
思われるシーンも満載。

特に、井戸を
のぞき込むシーンは
どうやって、

カメラの存在を
消したのか、
わからなかった。

5

その黒澤監督に
対峙した俳優陣も
鬼気迫る演技。

香川京子二木てるみ
山崎努東野英治郎
笠智衆志村喬

田中絹代杉村春子
西村晃菅井きん
内藤洋子左卜全ら、

挙げれば
きりがないほどの
名優ぞろい。

ヴェネツィア映画祭での
主演男優賞(三船
をはじめ、

各種映画祭でも
高評価の黒澤明の傑作は
勿論超お薦めです。

コロナで
医療関係が大変な中、

今も昔も頑張っていた
医療関係者の仁と徳を
見れる教科書として、

医の道を目指す
すべての若者や、

研修医には、
本作の鑑賞を
義務付けて欲しい。

60年前の白黒作品ですが、
一切、色あせしていない
展開は素晴らしい。

2

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 2
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。