「炎の少女チャーリー」のあらすじとネタバレ?!84年の「炎の少女チャーリー」をリメークしたSFホラー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「炎の少女チャーリー」
2022年6月17日公開(95分)

84年の
「炎の少女チャーリー」を
リメークしたSFホラー。

生まれながらに
火を発生させる
パイロキネシスの
力を持つ少女
チャーリー(ライアン
・キーラ・アームストロング)。

その能力は
成長と共に増し、

10代を迎えるころには
感情の揺れに呼応して
暴走するようになり、

彼女自身も
制御できなく
なってしまう。

そんな娘を父
アンディ(ザック
・エフロン)は
周囲から隠し、
懸命に守ろうとする。

しかし、
チャーリーの存在に
気付いた政府の
秘密組織が彼女を
軍事利用すべく
スパイを放ち、
親子は逃亡する。。。。。

5

ドリュー・バルモア主演の
前作を最新技術で
復活と期待したが、

そうなってなかった
残念な作品。

政府の人体実験で
使われた薬の名前が
ロト・シックス
というのも
笑ってしまったが、

最大の敵である
レインバードの
特徴やチャーリーが
使える能力
(発火以外も)の
説明がきちんと無いので、

その強さの秘密が
わかりにくい。

3

90分と短いのはいいが、
そのあたりの説明も
きちんと加えるべきだった。

原作のスティーブン
・キングも、
この程度では
泣いてますよ。

「ミスト」
「グリーンマイル」
「スタンド・バイミー」
みたいに、

劇場作品にふさわしい
出来栄えにしてもらわないと。

ラストも、
「絶対殺してやる」と
母殺しのレインバードに
付いていくのも、
理解できず。

彼との戦いを
期待していたので、
空振りで終わった感じ。

原題は「Fire starter」
と着火剤、
火打石的な意味合い。

ホラーに定評のある
ブラムハウス作品だけに
裏切られた感が強い。

ダメ映画ではないが、
とてもお薦めできません。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 8
  5. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。