「桜の温度」のあらすじとネタバレ?!「鬼滅」のUfotable作成の初期の短編アニメ。

この記事は1分で読めます

3

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

5

「桜の温度」
(短編)
2011年10月29日公開(21分)

「鬼滅」の
Ufotable作成の
初期の短編アニメ。

何もない香川県の
田舎町にいらだちを
感じながら日々を
過ごしていた
少年・柊吾だったが、

ある日、
何事も順風満帆に
みえた兄・海斗と
幼なじみの蘭澄に
異変がおきて。。。。。

2

兄のコンプレックスを抱き、
田舎から出ることだけを
考えている弟だが、

あることで、
兄や、憧れていた女性が
街を出ることに
なってしまう。

美しい背景と
桜が散るシーンが続く。

「鬼滅」では
人の輪郭を太い黒線で、
独自性を出したが、

本作では、
逆に輪郭線を
除いたような作画で、
面白い映像となっている
(ただし、
目が大きいのは共通)。

1

監督は名作
「映画大好きポンポさん」
の平尾隆之。

2012年の
Ufotable Cinema開館以来、

本作を公開しており、
配信もないため、

徳島市でしか
見ることのできない
貴重な作品。

映画館内には、
「鬼滅」の原画展示や
グッズ販売など
プチ博物館的要素もあり、

Ufotableファンには
必見の聖地。

20分、600円なので、
徳島に行かれる方は
是非、お立ちより下さい。

徳島駅から
徒歩10分もかかりません。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
    • ひまわり
    • 2022年 6月27日

    これは、観てみたいです。
    こんな観られる場所が限定された作品まで、観てらっしゃるですね。
    取り急ぎ、徳島在住の知り合いに転送しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。