「エージェント・ライアン」のあらすじとネタバレ?!ジャック・ライアンシリーズの映画化。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も、
ご参考までに(*´∀`*) 

2

「エージェント・ライアン」
 2014年2月15日公開(106分)
トム・クランシ―の
ジャック・ライアン
シリーズの
映画化。
CIAの分析官ジャック
クリス・パイン)は、
普通は銀行で働いているが、
おかしな
お金の動きがないか、
目を光らせている。
ロシアで変な動きを
見つけた彼は、
出張を装い、
彼女(キーラ・ナイトレイ)を
置いてモスクワに行くが、
いきなり、
命を狙われる羽目に。
4
冒頭のアフガニスタンの
ヘリ・シーンで、
一機に盛り上がるが、
その後の
アクションに
つながるまで、
やや間延びで
説明が多すぎる。
後半の
アクションシーンは、
大規模モスクワ・ロケを
慣行したのか、
かなりの迫力で、
世界恐慌を
引き起こそうとする
一味との闘いにつながる。
ただし、
頭がよすぎる?のか、
ジャックの分析したとおりに
ことが運びすぎるのが難点。
本作で描きたかったのは、
上官(ケビン・コスナー
に誘われ、
デスクワークの分析官から
本物のエージェントに
変わるジャックだと
思ったのですが、
ただ巻き込まれたから
仕方なくエージェントに
なったような感じ。
キーラ・ナイトレイは、
いつもの見せる演技を封印し、
可愛い恋人に徹したところは
良かった。
監督と、敵役を
ケネス・プラナーが兼任。
 
とても器用な方です。
007、
ジェイソン・ボーンや
Mission Impossibleなど、
 
エージェントものは
多いだけに、
今後シリーズ化
されるのかが見もの。
3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 5
  5. 1
  6. IMG_20160228_224330
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。