「ウォーキング with ダイナソー」のあらすじとネタバレ?!博物館の恐竜イベントをBBCの手でCG映画化。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)
3
「ウォーキング 
       with ダイナソー」

 (2D)
2013年12月20日(88分)
元々は博物館の
恐竜イベントが、
BBCの手でCG映画化。
 
草食恐竜の
子供が生まれて、
群れのリーダーに
なるまでの試練を
ドラマチックに描く。
主人公のパッチ役に
とんねるず木梨だが、
これが不評。
また、
恐竜の解説をするのが
鈴木福君であるが、
舌足らずで、
聞き取りにくい。
映像は、
実際の景色に恐竜CGを
重ねる手法で、
全く違和感なく、
しかも
科学的根拠に
基づいて作られており、
大変素晴らしいが、
物語は子供むけ
(実際に観客の半数は
子供で、超満員!)。
 2
2Dながら、
肉食恐竜が結構、
飛び出してくるので、
小さい子供は
泣いていたりと、
 
3Dなら、
さらに迫力だった
と思うが、
日本語2D版が
ほとんどで、
子供の教育映画の感あり。
4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 11
  2. 15
  3. 1
  4. 2
  5. 5
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。