「アンチポルノ」のあらすじとネタバレ⁈日活ロマンポルノ45周年記念!

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*) 

1

 「アンチポルノ」
R-18
2017年1月28日公開(78分)

日活ロマンポルノ
45周年記念の
有名監督による
ポルノ・リブート
作品のひとつ。

主人公・京子は、
有名小説家兼
アーティスト。

忙しい
スケジュールの中、

従順な秘書
筒井真理子
と一緒に、

マスコミの
取材を受けたりする。

しかし、
それは虚構で、

一転、
映画のセットの
中となる。

従順な秘書は
先輩役者であり、

京子に
冷たく当たる。

どれが事実で、
どれが夢なのか
分からないまま、

物語は進み、
彼女の過去が
明らかとなっていく。。。

3

監督は
「冷たい熱帯魚」
「ヒミズ」などの園子温。

彼は、
今更ポルノ映画なんて
必要ないとの
観点から、

アンチ・ポルノという
タイトルにしたとか。

極めて難解な
仕立てに
なっている
演劇のような映像。

5

リブート作品の
条件として
10分に1回の
濡れ場だけが
付けられたが、

昔の
ロマンポルノ
のような

どろどろした
ものはない。

女性客も多く、
いわゆる
ポルノ的なものを
見たいなら、
やめた方がいい。

あくまで、
アンチポルノ
なのである。

秘書役の筒井
「淵に立つ」同様、

素晴らしい演技で、
主役を喰う。

  6

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 2
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。