「ムーンライト」のあらすじとネタバレ⁈‘17年アカデミー賞・逆転受賞した問題作。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「ムーンライト」
R-15
2017年3月31日公開(111分)

今年のアカデミー賞で、
逆転受賞した
黒人しか
出てこない問題作。

フロリダ州
マイアミの貧困街。
少年シャロンは、

学校では
チビと呼ばれ、
いじめられていた。

家には麻薬中毒で
売春婦の母がいるが、
まともでない。

そんな中、
ひょんなことから

麻薬ディ―ラーの男と
その妻に優しくしてもらい、

たびたび
彼らの家に行く。

青年になった
彼には、

同性のケビンを
好きになるが、

そのことは
誰にも言えなかった。

そして、
成人したシャロンは、

チビと言われた
面影もなく、

たくましい
男になっていた。。。。

4

ひとりの少年の
成長を描くが、

主題は重く、

最後まで
救われない物語。

優しくしてくれる
2人に出会って、
大人になった彼は、

更生している
のかとも思ったが、

そんな夢の
かけらもない。

いじめ、同性愛、
麻薬など、

アメリカの底辺を描く
テーマの映画が多く、

今年のアカデミー
作品賞を獲得した
理由は分からなかった。

3

たしかに、
ムーンライト・ブルーと
呼ばれる
青系の色使いは
素晴らしいが、

文化的背景が
理解できず、

多くの日本人には、
退屈な作品に
終わる可能性がある。

ある意味で、
これまでと違う
アカデミー作品が
見たい方には良いが、

やはり
「ラ・ラ・ランド」が
作品賞に
ふさわしかったと納得した。

 5

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 2
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。