「ザ・サークル」のあらすじと感想は?SNS企業の暴走を描く超近未来サスペンス。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

 

1 2

「ザ・サークル」
  11月10日公開(110分)

2大俳優主演で、
SNS企業の暴走を描く
超近未来サスペンス。

小さな会社のクレーム対応係をする
メイ(エマ・ワトソン)だが、

友人アニーの勧めで世界一のSNS企業
「サークル」に勤めることになった。

この会社は福利厚生も素晴らしく、
闘病中の父にも十分な
医療が提供される。

サークルの経営者ベイリー
トム・ハンクス)は、

オープンでシェアし合う社会を
理想としており、
透明化のための新サービスが発表された。

3 4

ある事故がきっかけでベイリーの
目に留まったメイは、
自らの24時間を超小型カメラを通じ
ネットワークで全世界に公開する
モデルケースに選ばれる。

すぐさまメイは1,000万以上の
フォロワーに注目されるが。。。。。。

5 6

透明化かプライバシーかという問題は、
いつも議論となるが、バランスを欠き、
度の過ぎた透明化が招く悲劇を描く。

ジム・キャリーの出世作
「トルゥーマン・ショー」も
自分だけ知らずに、

24時間私生活がTV番組で
放映されているものだった。

アイデア的には新しくはないが、
SNS企業という身近で
ありえそうな存在と、

エマハンクスの2大俳優によって、
そのリアリティに吸い込まれる。

さて、
ラストはどうなるのか?
結末を知りたい方は是非、
劇場で!

(ただし、今、
オンライン試写会やってます)。

7

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 2
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。