「Gifted/ギフテッド」の感想は?7歳の天才少女をめぐるヒューマン・ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1 2

 

「Gifted/ギフテッド」
  2017年11月23日(101分)

7歳の天才少女をめぐる
ヒューマン・ドラマ。

フランク(クリス・エヴァンス)は、
7歳のメアリー(マッケンナ・グレイス)と
片目の猫フレッドと共に、
フロリダの小さな町で生活を始めた。

3 4

小学校では簡単な足し算を教えるが、
メアリーに驚異的な数学の
才能があることが判明。

フランクは彼女に
普通の子供と同じように
育ってほしいと願っていたが、

彼の義母エブリン
リンゼイ・ダンカン)は
二人を引き離してメアリーに
英才教育を受けさせようとする。

それを断ったフランクに対し、
エブリンは養育権を
争う裁判を起こす。。。。。

5 6

グレイスの可愛さが光り、
彼女の演技に関する天賦の才能
(ギフテッド)を見せつけられる。

前半と打って変わって、
後半は裁判劇となるが、
涙なしに見ることはできない。

ただ、
決してお涙頂戴ものではなく、
純粋に涙がこぼれてくる抜群の脚本と、
飾り気のない演出。

「500日のサマー」の
マーク・ウエブ監督の真骨頂。

今、
映画らしい映画が見たいと思ってる方、
本作を超お薦めしますので、

是非、ご覧ください。
感動します。

7 8

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 3
  2. 1
  3. 2
  4. 1
  5. 1
  6. 4
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。