「否定とと肯定」の感想は?ホロコーストの存在を確認した裁判の実話の映画化。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1 2

 

「否定と肯定
2017年12月8日(110分)


ホロコーストの存在を確認した

裁判の実話の映画化。

1994年、
英国の歴史家デイヴィッド
・アーヴィング
ティモシー・スポール)が
唱えるホロコースト否定論を、

自著「ホロコーストの真実」で
否定していた米在住ユダヤ人の
女性歴史学者デボラ・リップシュタット
レイチェル・ワイズ)は、

アーヴィングから名誉毀損
(きそん)で提訴される。

3 4

英国では、
訴えられた方がホロコーストの
存在を証明しなければならない仕組み。

しかし、
ホロコーストの写真は存在せず、
現場はナチスによって
破壊されており、

証人達の証言しか
存在を示す方法がない。。。。

5 6

アーヴィングは
一人であるのに対し、

デボラのサポートのため
イギリス人による
大弁護団が結成され、

歴史の真実の追求が始まるが、
彼女は弁護団の方針を無視して、
馬鹿なことばかりをやる。

ドラマチックにするためなのか、
真実が描かれているのか
逆に疑問に思ってしまった。

こんな愚かで、
うろたえるばかりの被告人に対し、
アーヴィング役のスポールは、

どっしりしており、
結果はわかっているものの、
物語をしっかりしたものにしてくれた。

米国で訴訟を起こすと、
起こした側が証明しないと
いけないなど、

米英の訴訟の違いもわかって、
まずまずの法廷劇となっている。

歴史や法律ものに
興味のある方には、
是非お勧めします。

原題は「Denial」=否定。

7 8

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。