「来る」のあらすじと感想は?土着の悪霊と最強霊媒師の戦いを描く邦画版「エクソシスト」。

この記事は1分で読めます

3

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

3

「来る」
(PG-12)
2018年12月7日公開(134分)

 

土着の悪霊と最強霊媒師の
戦いを描く邦画版「エクソシスト」。

幸せな新婚生活を送る
田原秀樹(妻夫木聡)は、

勤務先に自分を訪ねて
来客があったと聞かされる。

取り次いだ後輩によると
「チサさんの件で」
と話していたというが、

それはこれから生まれてくる
娘の名前で、

自分と妻の香奈(黒木華)しか
知らないはずだった。

そして訪問者と応対した
後輩が亡くなってしまう。

2年後、
秀樹の周囲でミステリアスな
出来事が起こり始め。。。。。

1

岡田准一松たか子
豪華メンバーで、

しかも冬にホラーをやる
というチャレンジに
岡村元気プロデューサーは出たが、

何かが足りない。

悪霊である「ぼぎわん」の
正体やそのパワーが
わかりにくいのと、

なぜ妻夫木の子供が
狙われるのかなども不透明。

映像によって、
怖さを演出しているが、
ホラー度は不十分。

岡田君のファンらを
取り込もうとしたの
かもしれないが、

怖いなら徹底的に
怖いものにして
欲しかった。

2

オカルトやホラー好きには、
物足りないが、

日頃、
その系の映画を
見てない人には、
怖さを堪能できる。

人間の闇の部分を
描くのがうまい
中島哲也監督であるが、

ちょっと中途半端。
ただ、
松たか子は大迫力。

3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 6
  2. 1
  3. 1
  4. 6
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。