「チワワちゃん」のあらすじと感想は?岡崎京子の短編コミックを現代版に焼き直した青春群像劇。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「チワワちゃん」
     (R-15)
2019年1月18日公開(104分)

岡崎京子の短編コミックを
現代版に焼き直した
青春群像劇。

東京の街で、つるんでは、
青春を満喫していた
ある若者グループの

マスコット的存在だった
チワワ(吉田志織)が、

東京湾でバラバラ遺体
となって発見される。

元恋人のヨシダ(成田凌)、
親友だったユミ(玉城ティナ)、

チワワが好きだった
ナガイ(村上虹郎)ら
残された仲間で

チワワのことを
語り合うが、

誰も彼女の本名や
素性を知らないことに気づく。

チワワをモデルに
紹介したミキ(門脇麦)は、

記者(栗山千明)の
インタビューを受け、

チワワとの関係を
振り返る。。。。。

2

3

怖い物がない
若者たちの狂乱を描く。

つながっているようで、
つながっていないのは、
今も昔も同じ。

旬の若手俳優を集めて、
強烈な映像と音楽の連続。

しかもカット割りが
かなり細かくフラッシュを
浴びているような
感覚さえ受ける。

4

これに耐えられない人には
意味のない映画だが、

ちゃらちゃらした
アイドル映画とは違う、

ハードな青春は
一見の価値あり。

5

いつも笑っている
チワワを演じた吉田は、

印象度が高い!
ちょい役の浅野忠信
うらやましい役どころ。

「ヘルタースケルター」
「リバーズ・エッジ」と
問題作を送り出す
岡崎ワールドは、

20年以上前の
原作とは思えない。

6

監督も26歳というフレッシュで
エモーショナルな映画は、

若者だけでなく、
無茶苦茶な青春時代を
送った元若者にも
見て頂きたい。

岡崎作品ファンには、
お薦めです。

7

8

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。