「7つの会議」のあらすじと感想は?池井戸潤原作の企業のパワハラ・隠ぺい工作を描く人間ドラマ。

この記事は1分で読めます

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

 

「7つの会議」
2019年2月1日公開(119分)

池井戸潤原作の企業の
パワハラ・隠ぺい工作を
描く人間ドラマ。

都内の中堅メーカー、

東京建電の営業一課で
係長を務めている
八角民夫(野村萬斎)。

かつては
優秀営業マンだったが、

今は会議に出ても
居眠りするだけという
姿勢をトップセールスマンの
課長・坂戸宣彦(片岡愛之助)から
責められるが、

意に介することなく
気ままに過ごしていた。

営業部長・北川誠
(香川照之)による
厳格な結果主義のもとで
部員たちが疲弊する中、

突如として八角が
パワハラで坂戸を訴え、
彼に異動処分が下される。

そして常に2番手だった
原島万二(及川光博)が
新課長に着任する。

この異動により、
会社の中で隠されていた
事実が明らかとなっていく。。。。

 

企業エンタメという
捕えだが、

かつての営業組織では
当然のように
行われていた行為であり、

なつかしく拝見させてもらった。

会社のメンツのために、
悪事を隠匿し、

そういう人が評価される
会社組織を池井戸さんの原作は、

ポイントをうまくとらえ、
映画もテンポいい。

オールスターで、
重厚な俳優陣は凄いが、

「下町ロケット」等
社会派ドラマに連続出演の
朝倉あきさんが、
ちょっとミスキャストかな。

「七つの会議」
の七つとは、

登場する7人の関係者と、
7つの危険な社風に
由来しているとか。

今、
まさにレオパレス問題で、
世間が揺れる中、

企業の隠ぺい体質を
どう考えるか、

サラリーマン必見の
映画と言える。

超お薦めの面白さです。

オリラジの藤森さんが好演!

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。