「トラさん、僕が猫になったわけ」にあらすじと感想は?!猫嫌いの人間が、死んで猫になる子供向けドラマ。

この記事は1分で読めます

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

 

「トラさん、僕が猫になったわけ」
2019年2月15日公開(91分)

猫嫌いの人間が、
死んで猫になる
子供向けドラマ。

酒とギャンブルが好きな
漫画家の高畑寿々男
(北山宏光)は、

競輪で勝った帰りに
交通事故に遭い、

妻の奈津子(多部未華子)と
娘の実優(平澤宏々路)を残して、
この世を去ってしまう。

そして寿々男は、
死んだ人間の面接が
行われる“関所”で、

1か月の執行猶予期間に
猫として家族のもとへ戻り、

家族と自身の本当の心を
見つめ直すように、
という判決を下される。。。。。

キスマイの北山君
主演ということで、

ファン向けのドラマで、
映画にした理由は
あまり見当たらない。

猫が嫌いだったので、
猫にされるのか
意味不明だが、

あらゆるサイトで
異常なほどの高評価は、

ファンが良い点を
つけたとしか思えない。

猫の着ぐるみも、お粗末で、
小中学生向けレベル。

最後にキスマイが
歌も歌うので、

ファンの方には
お薦めするが、

映画サイトの高評価は
作られたものであることを
証明するような映画。

皆さま、
くれぐれも超高評価映画には、
お気をつけて。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。