「アリータ・バトルエンジェル」のあらすじと感想は?漫画「銃夢」を実写化したSFバトル・アクション。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「アリータ
・バトルエンジェル」

   (PG-12)
2019年2月22日公開(122分)

約30年前の日本の漫画
「銃夢」を実写化した
SFバトル・アクション。

数百年後の未来。

サイバー・ドクターの
イド(クリストフ・ヴァルツ)は、

アイアン・シティの
スクラップ置き場で
アリータ(ローサ・サラザール)
という上半身のみの
サイボーグを見つける。

イドが下半身を作り、
目を覚ましたアリータは、
一切の記憶をなくしていた。

だが、
ふとしたことから
並外れた戦闘能力を
秘めていることを知り、

なぜ自分が
生み出されたのかを
探ろうと決意する。

やがて、
世界を腐敗させている
悪しき存在に
気付いた彼女は、

立ち向かおうとするが。。。。。

2

日本の原作の世界観を、
「タイタニック」「アヴァター」の
ジェームズ・キャメロンが
脚本化(製作も)、

ロバート・ロドリゲスが
監督したCGベースの
ハリウッド大作。

世界大戦があった
300年前の方が技術が
発達していたという
皮肉も面白いが、

やはりサイボーグたちの
バトルがメインイベントとなる。

3

「ローラー・ボール」を
思わせるようなスケート
しながら強敵と戦い、

スローモーションや
スピード感満載の
バトルシーンは迫力十分で、

この手の映画に慣れてきた
観客をもうならせる。

C.ヴァルツ以外も
ジェニファー・コネリーや、

今年のアカデミー賞
(「グリーンブック」)を取った
マハーシャル・アリが悪役で出演。

IMAXや3Dで、
見ればさらに面白さは倍増。

SF好きの方、
大きな目が印象的な
女性サイボーグが
見たい方も是非、劇場で、

このスケール感を
楽しんで欲しい。

超お薦めです。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。