「ゴールデン・リバー」のあらすじと感想?!ベネチア国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した西部劇サスペンス。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


 

映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ゴールデン・リバー」
(PG-12)
2019年7月5日公開

昨年のベネチア国際映画祭で
最優秀監督賞を受賞した
西部劇サスペンス。

ゴールドラッシュで
沸き立っている
アメリカ西部。

すご腕の殺し屋である
シスターズ兄弟は、

そろそろ足を洗い
普通でいたい兄のイーライ
(ジョン・C・ライリー)と
裏社会で成功したい弟のチャーリー
(ホアキン・フェニックス)のコンビ。

二人は政府からの
内密な依頼で、

連絡係(ジェイク・ギレンホール)と
共に黄金の見分け方を知る
化学者(リズ・アーメッド)を追う。

やがて四人は、手を組み、
川から多くの金を見つけるが、

そこで事件が起こる。。。。。

2

強烈な個性の
4人を集めたのは、

『ディーパンの闘い』などの
ジャック・オーディアール監督。

それなりのドンパチもあり、
賑やかな当時の
サンフランシスコも再現され、

追う者が追われる者になり、
そしてこの幸せ(?)な
エンディングは、
まさに異色西部劇。

3

寝てる時、
口に蜘蛛が入ったり、
ケガで馬が死んだりと、

なにげにリアリティも高く、
物語に入りこんでしまった。

4人の化学反応というのか、
実際に化学的に
金を探そうとした
悲惨な結末とは裏腹に、

心が救われるラストの
意外性がベネチアを
取った理由かも。

原題は「Sisters Brothers」。

最初は意味不明だったが、
シスターズ兄弟の
物語なのです。

ちょっとリアルで、
ちょっと変わった
西部劇が見たい方は
是非チャレンジしてください。

お薦めです。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。