「チャッピーのあらすじと感想は?ロボットを通して人間のエゴを描いたドラマ!

この記事は1分で読めます

11

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も、
ご参考までに(*´∀`*) 
 

22

「チャッピー」
2015年5月23日公開(120分)

「第9地区」の監督
ニール・ブロムガンプが、
再び南アを舞台にした
近未来SFクライム・アクション映画。

舞台は2016年のヨハネスブルグ。

治安強化のために導入された
ロボット警官の活躍で、
凶悪犯罪が減少。

ロボットを販売する会社の社長
(シガニ―・ウイーバー)は、
開発者(「スラムドック・ミリオネア」
のデブ・パテル)を褒める。

しかし、
彼はさらに高いAIを導入した
自分で考えることができる
ロボットのプログラムを
作っていた。

たまたま、壊れたロボットに
その人工知能をインプットするが、
そのロボット「チャッピー」は

ストリート・ギャングに
連れていかれてしまい、
悪いことや悪い言葉を知識として、
どんどん吸収していく。。。。

見どころは
幼子のようなチャッピーが
育ててくれるギャング夫婦を
親として認識し、

成長していく過程だけでなく、
現実と全く同化して違和感のない、
アクションシーンの数々。

それと、

超悪役のヒュー・ジャックマンが
開発した大型戦闘ロボットとの闘いなど、
映像としてどれも素晴らしく、

わずか3作品目の監督とは思えない
秀逸な作品として仕上がっている。

もちろん、超お薦め。

チャッピーを通して見る
人間のエゴを描くなど
社会性SFとも言える。

ラストにもびっくり

3344

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. IMG_20160408_213710
  3. IMG_20160413_223119
  4. 1
  5. IMG_20160323_102518
  6. IMG_20160323_104311
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。