「騙し絵の牙」のあらすじとネタバレ?!出版会社社内のビジネス・バトル・ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

画像6

「騙し絵の牙」
 2021年3月26日公開(113分)

出版会社社内の
ビジネス・バトル・ドラマ。

大手出版社の
薫風社で創業一族の
社長が急死し、

次期社長の座を
巡って権力争いが
勃発する。

専務の東松(佐藤浩市)が
断行する改革で
雑誌が次々と
廃刊の危機に陥り、

変わり者の速水
(大泉洋)が編集長を
務めるお荷物雑誌
「トリニティ」も
例外ではなかった。

くせ者ぞろいの
上層部、作家、
同僚たちの思惑が
交錯する中、

速水は新人編集者の
高野(松岡茉優)を
巻き込んで雑誌を
存続させるための
策を仕掛ける。。。。。

画像9

「罪の声」が
記憶に新しい作家
・塩田武士が、

大泉洋を主人公に
当て書きした原作を
その通りに映画化。

佐藤浩市國村隼
木村佳乃宮沢氷魚

池田エライザ斎藤工
リリー・フランキー
中村倫也など
オールスターキャストで、

「騙し合いバトル」を
描くとの触れ込みだったが、

一方的に
騙されるだけなので、
ちょっと違うかも。

ただ、
展開はスピーディーで、

監督の吉田大八が
脚本も兼ねており、
うまい。

突っ込みどころはあるが、
テンポの良さで
穴をカバーしたが、

ラストの落ちは、
予想通りだった。

原作未読だが、
原作には、

その穴をカバーする
部分も書いてある
のだと思う。

画像16

見どころは、
騙し合いでなく、
社内の出世競争。

それが、
意外とリアルに見えて、

サラリーマン
(失礼、ウーマンも)
諸氏には、
身につまされるかも。

ただ、
息子が帰国したら、

社長が解任?はない
と思うし、

矢代(宮沢氷魚)が、
あそこで
暴露劇に出るのも、

仕組んだ
ということ?

まあ、全体として、
うまくまとめては
いるので、

公開延期で
1年熟成された
エンタメ作品と
してご堪能ください。

画像12

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。