「オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体」のあらすじとネタバレ?!戦時中の英国の作戦を描くサスペンス。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「オペレーション
・ミンスミート
ナチを欺いた死体」

(英国)
2022年2月18日公開(128分)

第二次大戦中に
英国が行った
作戦を描くサスペンス。

1943年。

イギリスは
ナチス掃滅に不可欠な
イタリア・シチリア
攻略を進めるが、

シチリア沿岸は
固い防御が
敷かれていた。

そこでイギリス諜報
(ちょうほう)部MI5の
モンタギュー少佐
(コリン・ファース)らは、

高級将校に
見せかけた死体に

「イギリス軍が
ギリシャ上陸を
計画している」

という偽造文書を
持たせて地中海に流し、

ヒトラーをだます
という計画を立てる。
作戦は進められていくが、

ヨーロッパ各国の
スパイたちを
巻き込んだし烈な
情報戦へと発展する。。。。。

5

派手な戦争シーン
こそないが、

実際の作戦が行われた
3か月あまりを
詳細に描いた
実録スパイ映画。

死体を、いかにも
存在した軍人に
するため、

いろんな肉付けをし、
恋人もいた設定を
作りあげる過程は
面白い。

しかし、
それによって、

家族持ちの
モンタギュー少佐は、

同じ部署の女性に
恋に落ち、

一番仲のいい
チャムリー大尉との
確執が生まれる。

また、
そこに若き日の
イアン・フレミング
がいて、

スパイ小説
(後の「007」?)を
書いているなど
英国流ユーモアも
詰まっている。

3

とにかく、
偽情報を本物だと
思わせるために

2重、3重の手当をする
所も面白いので、

全体のトーンは
地味だが、

スパイ映画が
好きな人には
たまらない作品。

やや文学的な
セリフも気になるが、

あまり日本では
知られていない

「ひき肉作戦
(ミンスミート)」の
全貌を知ることもできる。

本当の戦争って、
やはり情報戦が
大事だなって思いますね。

監督は
「恋に落ちたシェークスピア」
などのジョン・マッデン。

歴史が好きな方にも
お薦めです。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。