「モダン・タイムス」のあらすじとネタバレ?!機械文明を皮肉ったチャップリンの代表作

この記事は1分で読めます

5

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「モダン・タイムス」
(1936年制作)DVD鑑賞
1938年2月9日公開(87分)

機械文明を皮肉った
チャップリンの代表作。

文明という名の
機械化の波が
あれよあれよという間に
押し寄せてきた30年代。

工場で働くチャーリー
チャールズ・チャップリン)は、

スパナを両手に
次々と送られてくる
ベルトコンベアーの
部品にネジを
締めていた。

ところが絶え間なく
運ばれてくる
部品を見ている内に、

段々彼の頭が
おかしくなっていった。。。。。

2

冒頭から忘れられない
名シーンが続く。

ネジの作業、
自動給食マシンとの戦い、

歯車に巻き込まれる
シーンなど、

絶対に忘れられない
名場面の数々。

トーキー映画の時代に
あくまでサイレントを
貫いたが、

最後に謎の歌
「ティティーナ」で、
彼は初めて肉声で歌う。

そして締めは、
彼の代表曲「スマイル」で、
ハッピーエンドとなる。

「スマイル」
が流れる時に、

チャップリン
浮浪少女の口元をあげ、

笑い顔を作るシーンは
たまらない。

少女役は「独裁者」
にも出た
ポーレット・ゴダード

3

当時25歳くらいだが、
とてもワイルドな役柄。

おんぼろな小屋で、
ぼろぼろの二人が
朝食を取るシーン。

これが本当の幸せだと
思わせてくれる所も凄い。

見終わった後、
本当に優しい気持ちに
させてくれる作品は
文句なしに超お薦めです。

DVDの画質も、
新作を見てるように美しく、

全く80年以上前の作
品とは思えない素晴らしさ。

お子さんが
見てもわかる漫画的な
要素がいっぱいの
コメデイの傑作。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 2
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。