「ベイビー・ブローカー」のあらすじとネタバレ?!赤ちゃんの売買にからむ是枝監督のヒューマンドラマ。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「ベイビー・ブローカー」
(韓国)
2022年6月24日公開(130分)

赤ちゃんの
売買にからむ
是枝監督の
ヒューマンドラマ。

クリーニング店を営む
借金まみれの
サンヒョン(ソン・ガンホ)と、

「赤ちゃんポスト」がある
施設に勤務する
ドンス(カン・ドンウォン)の
裏の顔はベイビー
・ブローカーだった。

ある晩、

二人は若い女性
ソヨン(イ・ジウン)が
赤ちゃんポストに
預けた赤ん坊を
ひそかに連れ去る。

翌日考え直して
戻って来たソヨンが
赤ん坊がいないことに
気づき警察に
届けようとしたため、

サンヒョンとドンスは
自分たちのことを
彼女に告白。

そして、
赤ん坊を売るため
各地を転々とする。。。。。

5

赤ん坊を売買する
ブローカーと、

それを追う警察の
話だとすれば、

犯罪映画であるが、
そこは「万引家族」同様、

底辺に愛が流れる
作品として
仕上がっている。

韓国映画と
いうことなら、

母親の凄惨な
クライム・シーンや

彼らを追いかける
やくざとの
暴力シーンに、

ある程度の力点が
置かれるのは
容易に想像できる。

しかし、
是枝監督
ならではの作りで、

その辺は
軽くスルーし、

ブローカーらが
本当に悪い
集団なのか、

もっと
大きな観点で、

社会の持つ
大きな問題を
提起している。

3

それが、
評価されて、

カンヌの審査員賞と
ソン・ガンホ
主演男優賞という
2冠に輝いたのだろう。

日本にも同様の
ケースはあると
思われるが、

韓国を舞台に
することで、

よりリアルな
作品となっている。

筆者が何より
嬉しいのは、

韓国オールスター
とも言える出演陣。

「パラサイト」のガンホ、
「ゴールデンスランバー」
などのカンドンウォン

そして、
「空気人形」で既に
是枝監督作品に
出演している
ぺ・ドウナなど。

本当の悪人なら、
転売目的でも
売ってしまう所を、

赤ん坊のことを
考えながら、
売り先を考えていたり、

窓を開けて
洗車しての大笑いなど、

国を超えて伝わる
愛の力をうまく
表現している。

ラストの展開も見事で、
やはり多くの方に
見て頂きたい作品。

血は繋がってないけど、
こんな家族が
あってもいい!

超お薦めの
人間ドラマです。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
    • ひまわり
    • 2022年 6月29日

    オススメです。
    私は3回観て、伏線がようやく繋がりました。

    悪人に見える人の中に暖かさがある。
    善人に見える人の中に悪意がある。
    子育てママの孤独。
    悪人が悪人に癒され、成長していく姿。
    善人が悪人に癒され、本物になっていく姿。

    人って捨てたもんじゃない!
    人っていいな!
    家族って何か?
    心の奥にある人の温もりがジンワリ、共鳴する。
    勇気と希望をくれる是枝作品。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。