「アドレノクロム」のあらすじとネタバレ?!究極の薬物を描くバイオレンス・ホラー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

4

「アドレノクロム」
2022年7月29日公開(84分)
(R-15)

究極の薬物の
都市伝説を描く
バイオレンス・ホラー。

強力な幻覚効果や
若返り作用が
あると信じられ、

究極のドラッグとして
注目を浴びている
“アドレノクロム”。

人間の臓器
(副腎)から
抽出されると
言われるその
ドラッグは、

子供の誘拐や
人身売買の
うわさが絶えず
“悪魔の薬”とも
呼ばれている。

軍隊上がりの
主人公は、

LAヴェニス・ビーチで
アドレノクロムを
飲まされ、

現実と幻覚の境が
分からなくなる。。。。。

5

アドレノクロムを
手に入れるため、

狂気に満ちた
殺人鬼集団が
猟奇殺人を繰り返す。

それは、副腎を
生きたまま摘出、

精製しドラッグ
とするためである。

物語はあって
無いようなもので、

どれが現実で、
どれが夢なのか、
分かない奇妙な展開。

髑髏の
マスクをした連中、

水着やトップレスの
女性たちなどが、

快楽を求めて
集まってくる。

2

映像シーンの多くは、
生映像がアニメに
変わるCGを
多用しており、
気色悪さを演出。

さらに、
副腎とはいえ、

生の臓器を
食べるシーンも
沢山出てくるので、

覚悟して頂きたい
超変態映画。

エログロ満載の映画は
ロシア国際ホラー映画祭で、

最優秀を
受賞したらしいが、

R-18でないのが
不思議なくらい、
気持ち悪い。

ヴェニス・ビーチ
・ギャングという
実在の連中を
描いているわけだが、

アメリカの恥部が
次々と披露される。

LAで一番ホットな
場所だが、

こんなの
見せられたら、
行きたくなくなる。

猟奇的な映画が
お好きな方には
お薦めしますが、

変態映画好きの
筆者も、
やや食傷気味でした。

3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。