「LAMB/ラム」のあらすじとネタバレ⁈羊飼い夫婦に起こる奇跡と絶望のスリラー。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

5

「LAMB/ラム」
(R-15)
アイスランド・スウェーデン
・ポーランド合作
2022年9月23日公開(106分)

アイスランドの
山間で羊飼いを
している夫婦
・イングヴァルと
マリア(ノオミ・ラパス)。

ある日、
出産した羊から
羊ではない
何かが生まれ、

二人はその存在を
“アダ”と名付けて
育てることにする。

子供を亡くしていた
二人にとって、

アダとの生活は
この上ない幸せに
満ちていたが、

やがて夫婦は
破滅への道を
たどることになる。。。。。

2

出てくるのは、
夫婦と旦那の弟の
基本的に3人だけ。

あとは牧場にいる
多くの羊と犬と猫。

物語だけ追えば
大したことないが、

この不気味な
雰囲気が素晴らしい。

先日公開の
フィンランド映画
「ハッチング」にも
通じるところがあり、

本作ではなかなか
正体が現れず、

頭の中でいろいろと
勝手な想像を
してしまう。

主演の
ノオミ・ラパス
本当にうまいし、

アイスランド語も
しゃべれる。

弟の出現は、
3人のバランスを
崩す役割だったが、

あくまで
フェイントとして
使われた。

監督脚本は
長編作が初めての
ヴァルディミール
・ヨハンソン。

3

見る人を
怖がらせようとする
演出でなく、

彼らの生活を
見せるだけであるが、

シンプルな
映画だけに、
ゾクゾク
するものがある。

物語を
知りたいだけなら、
やめた方がいいが、

アイスランドの
厳しい牧場生活や
断崖絶壁が
切り立つ荘厳な
景色など、

大スクリーンで
体感すべき。

カンヌ映画祭の
「ある視点部門」
で受賞、

また米アカデミー賞の
アイスランド代表作品。

本当に
アイデアだけで
凄いものが作れる
顕著な例。

お客さんも
結構入ってました。
お薦めです。

エンドタイトルで
かかるのは
キューブリック監督の名作
「バリーリンドン」で
使われたサラバンド。

絶望が一層強調されます。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 2
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。