「ムーンショット」のあらすじとネタバレ⁈火星大好き少年のSFラブコメ・アドベンチャー。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

 

6

「ムーンショット」
(機内鑑賞)
2022年制作(105分)

火星大好き少年の
SFラブコメ
・アドベンチャー。

2049年。

火星へのチケットを
37回も手に入れ損ねた
主人公ウォルト
コール・スプラウス)は、

偶然出会った
ソフィー(ラナ
・コンドル)の
乗船に紛れて
シャトルに乗り込む。

ソフィーの助けを
借りながら向かう先は
憧れの赤い惑星
ただひとつ。

果たして
目指す先には、

思い描いた通りの
人生が待っているのか?
宇宙飛行の果てに
辿り着いた
【真実】とは。。。。。

7

バイト先のカフェで
知り合ったジニー
エミリー・ラッド)に
一目ぼれし、

密航してまで
火星へ追っかける
スペース・ストーカーの
ウォルト。

普通運賃だと
約1億円のツアーだけに
大学生には
ちょっと払えない。

火星までの35日間に
ソフィーの恋人
カルビンになりすまし、

うまく事は進んだと
思われたが、

彼の行動は
すべて筒抜けで、

密航猫のリプリー
(「エイリアン」の
主人公の名)と
ともに捕まる。

話のほとんどは、
火星に移動するまでの
エピソードとなるが、

結構会話の
シーンが多く、

本格SFだと
思った人は、外される。

とっても軽いSFで、
特に宇宙船船長の
キャプテン・タルタルの
トリック・クエスチョンは
笑える。

スペース・ウォークなど
宇宙的見せ場もあるが、

設定が宇宙
というだけで、
異質のSFドラマ。

1

こっそり隠れること
=ウォルティングとして
流行するのも愉快。

特別面白い
作品ではないが、

飛行機内で気楽に
見るには良いドラマ。

火星を溺愛した
男の顛末を
確認してください。

因みに、
エミリー・ラッド
実写版「ワンピース」の
ナミ役が決まっている女優。

また、
火星なのに
「ムーンショット」
というタイトルは、

月面着陸のように
「非常に困難だが、

達成できれば
大きなインパクトを
もたらし、

イノベーションを
生む壮大な計画や
挑戦のこと」
を言うらしい。

あなたの
ムーンショットは
何ですか?

5

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 2
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。