「耳をすませば」のあらすじとネタバレ⁈ジブリアニメの名作の10年後を実写化した青春ドラマ。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

5

「耳をすませば」
(実写版)
2022年10月14日公開(114分)

ジブリアニメの
名作の10年後を
実写化した青春ドラマ。

本を読むことが
好きな中学3年生の
月島雫は、

最悪な印象を
抱いていた
クラスメートの

天沢聖司が懸命に
自分の夢を
追いかけている姿を
目にして徐々に
心惹(ひ)かれていく。

対する聖司も
彼女が小説家になる
という夢を抱いている
のを知って意識し始める。

お互いに夢を
かなえようと
誓い合う二人だったが、

それから10年が
経って24歳に
なった雫(清野菜名)は

出版社に勤めて
児童小説を
編集していた。

いつしか小説家に
なるのを諦め、

夢を追って
イタリアで
暮らす聖司
(松坂桃李)との
間に距離も
生じていたが。。。。。

3

名作ファンタジー
部分だけを
実写化だけすれば
良かったが、

その10年後を
付け加えたことで、

見たくもない
現実を突き付けられた
アニメ・オリジナル
・ファンには
違和感満載の
作品となった。

中学生の初恋と
24歳の恋愛では
あまりに異なるが、

その間の10年が
離れ離れのため
何もない。

松坂と清野が出た
純愛青春ドラマ
としては悪くないが、

せっかく
ベースとなる
アニメがあるので、

その辺をもっと
使うべきだった。

例えば、
バロンの像が
動き出すとか、

バロンは元々ペアが
いたとのことで、

松坂が帰国する際に
一緒に連れて帰るとかの
エピソードで
ファンタジックにしても
よかったかな。

4

音楽を
「翼をください」に
変えた点は問題なく、

良い選曲だったが、
やはりイタリアロケが
できてないので、

イタリアの空気感が
伝わって
こなかったのも
残念。

アニメと実写は
異なるわけなので、

別物だとして
見てもらう分には
全く問題ない。

中学生役の2人、
松坂・清野ペアも
悪くなかっただけに
チャレンジが
裏目に出た感じ。

それもこれも、
オリジナル脚本を
かける映画作家が
いないため、

旧作の
ビッグネームを
借りたり、

小説やコミックの
映画化頼みという
状態だからだろう。

中高生には
お薦めするが、

昔、中高生だった
大人には、

ちょっと
受け入れがたい
作品となった。

2

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 5
  4. 1
  5. 2
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。