「華氏119」のあらすじと感想は?トランプ大統領を批判する毒舌ドキュメンタリー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「華氏119」
2018年11月2日公開(128分)

問題児マイケル・ムーアが
トランプ大統領を批判する
毒舌ドキュメンタリー。

2016年11月9日。
共和党のドナルド・トランプは、

アメリカ合衆国大統領選挙で
民主党のヒラリー
・クリントンを破り、

第45代大統領の
当選が確定する。

3

数々のドキュメンタリー作品で
自らアポなし突撃取材を
行ってきたマイケル・ムーア監督は、

トランプについて取材し、
トランプを当選させた
アメリカ社会の問題に迫る。。。。

5

6

タイトルの119は、
11月9日を指すのと同時に
彼の前の作品「華氏911
(9:11同時多発事故を
弾劾する映画)」のパロディ。

7

ただ、
今回違うのは、
トランプだけを
非難するのではなく、

その矛先は民主党にも
向いている。

2

なぜ、
ヒラリーが負けたのか、

オバマの失策は
何だったのか、

までもきちんと
描いている点は凄い。

圧巻は独裁者ヒトラーの
演説の映像に合わせて、

トランプの演説の
音声をはめると、

おかしいほど、
うまくはまっているところ。

米中間選挙前の公開で、
どれだけ選挙にインパクトが
あったか不明だが、

この映画を見たら、
次の大統領選挙で、

トランプに勝てるのは
ムーア自身ではないかと
勘違いしそう。

8

政治ものだが、
かなり面白いので、
個人的には超お薦め。

劇場はガラガラかなと思ったら、
アメリカ人と思われる
団体が見に来てて、

前の方で真剣に
見てました。

平和ボケで
ノンポリの日本人は見るべし。

9

10

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。