「メアリーの総て」のあらすじと感想は?「フランケンシュタイン」の小説を書いた女性作家の半生をドラマ化。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「メアリーの総て」
(PG-12)
2018年12月15日公開(121分)
米・アイルランド・ルクセンブルグ合作

怪物「フランケンシュタイン」の
小説を書いた若き女性作家の
半生を綴るドラマ。

19世紀のイギリス。

小説家になりたい
メアリー(エル・ファニング)は、

異端の天才と称される詩人の
パーシー・シェリーと出会う。

2

彼は妻子がいたが、
二人は互いの才能に
惹(ひ)かれ駆け落ちするが、

借金にまみれ、
夜逃げの際に
生まれたばかりの
子供を亡くすなど、

メアリーに数々の
悲劇が訪れる。

3

ある日彼女は、
滞在していた詩人
バイロン卿の別荘で、

怪奇談を披露し合おうと
持ち掛けられる。。。。。

4

5

18歳で既に駆け落ち、
出産を経験し、

文筆に優れていた
メアリー・シェリーが
どうしてフランケンシュタイン
という怪物を創作したのかが、
筋立てられている。

6

電気を使ったカエルの
足の反射実験、

死んだ子供を甦らせたい
親の気持ち、

7

あまりにも悲しい体験が
産み落とした怪物だが、

世間では女性が
怪奇小説を書ける
時代ではなく、
匿名での出版となった。

8

堕落した人間達との
生活が結果として、

凄い作品を創造する
ことになったが、

あまりに非凡な人生には、
呆気にとられるしかなかった。

9

エル・ファニング
時代ものには良く合い、

知性と幼さが
同居するメアリーを
的確に演じた。

10

原題は「Mary Sherry」と
主人公の本名。

フランケンは
出てきませんが、

超お薦めです。

11

12

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。