「天国でまた会おう」のあらすじと感想は?仏のセザール賞5冠に輝く秀逸なヒューマン・ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「天国でまた会おう」
  (フランス)PG-12
2019年3月1日公開(117分)

仏のアカデミー賞である
セザール賞5冠に輝く
秀逸なヒューマン・ドラマ。

1918年、第1次世界大戦。

御曹司のエドゥアール
(ナウエル・ペレーズ
・ビスカヤート)は、

戦場で生き埋めにされた
アルベール(アルベール
・デュポンテル)を助け出した際、
顔に大けがをしてしまう。

戦後パリに戻った二人は、
戦没者をたたえる一方で、

戻ってきた兵士には
冷淡な世間を
目の当たりにする。

戦争で何もかも失った
二人は人生を取り戻すため、

国を相手に前代未聞の
詐欺を企てる。。。。

2

馬と一緒に生き埋めになる
冒頭の戦争シーンも
インパクトが強いが、

顎から下をほとんど
吹き飛ばされた友を励まし、

生きる決意をする
アルベールに感激する。

ここまでなら
人生賛歌だが、

その後がフランス
らしいウイットで、
政府を相手の詐欺をたくらむ。

いくつもある
エドゥアールの仮面の
デザインが楽しく、
彼の感情を表している。

3

また、
声が出ない彼の代弁者である
少女の立ち位置も面白い。

いろんな仕掛けがある映画で、

仏の映画賞を総なめした
だけのことはある感動作。

モロッコで捕まった彼が、
回想する展開であるが、

作り方も雰囲気も
本当におしゃれで、
音楽も素晴らしい。

「天国でまた会おう」
というセリフ
(See you up there)
の意味を知りたい方、

ちょっとレトロな
フランス映画が好きな方、

見たことのない世界が
覗けますよ。

超お薦めです。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 2
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。